スポンサーサイト

 スポンサー広告 | | | Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝の通勤

2005.06.07. [23:43] 香港での生活 | C:0 | TB:0 | Edit

今朝の通勤途中、MTRティンハウ-コーズウェイベイ間で、突然Cobuの近くに立っていた女の人が倒れました。えっ失神・・!?うゎー初めて人が人が失神するの目の当たりにした。貧血状態でふらふらっとなって座り込むケースは何度かみたことはあるけど、こんな風にバタッって倒れちゃうんだー。女性は白目を向いていて意識不明状態のようでした。かけつけた駅員さんが女性に呼びかけ、意識を確認。数分後、女性は意識を戻し、駅員さんと一緒に電車を降りていきました。女性は年齢は多分20代後半、ビシッとした紺のスーツを着ていて、セントラルかアドミラルティーあたりで働いていそうな感じの人。一体どうしたんだろう・・。なんか突然日本の朝の通勤ラッシュを思い出しちゃいました。Cobuはイギリスの大学を卒業した後、日本に戻り、2年間ダーリンとイギリス-日本の遠距離恋愛してました。当時は昼間派遣で働きながら、夜はU.S.CPA(米国公認会計士)の資格を取るために学校に通う生活。会社は神谷町にあったのでCobuの実家からは1時間半くらいかけての通勤になります。日本では普通ですね。朝の通勤ラッシュ時、Cobuは何度もパニックに陥りそうになりました。ぎゅうぎゅう詰めの車内、息が苦しい・・ここでもし呼吸困難に陥ったらどうなるんだろう?とか考えちゃったりして冷や汗が出た時がありました。瀕死の状態で電車を降り、駅構内のトイレに駆け込み気分が落ち着くまでじっとしていました。これって一種のパニック症候群でしょうか??シンガポールで働いていた時、香港での通勤も電車ですが、家から会社まで30分以内。これに慣れてしまうと、もう日本の通勤ラッシュは二度と経験したくない~。

会社の後、ダーリンとチムサーチョイのスターフェリーターミナルで待ち合わせ。ダーリンがシンガポールで働いていた時の同僚が香港に遊びにきているので一緒にカントンロードにある『唐朝(トンチュ)』でディナー。懐かしのシングリッシュ(シンガポール・イングリッシュ)、たくさん聞けました。
スポンサーサイト

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 

    Cobu

    • Author:Cobu
    • イギリスの大学を卒業後、シンガポールで就職→香港に転職。2006年3月香港で男の子を出産し、働くママになりました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。