スポンサーサイト

 スポンサー広告 | | | Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウェディング(ガーデン挙式 in 香港編)

2005.12.02. [20:07] ウェディングのこと | C:0 | TB:0 | Edit

あっという間にもう12月。あと1ヶ月で2005年も終わりです。時が経つのは本当に早い。思えば去年の今頃はとても忙しい時期でした。というのも、Cobuとダーリンは2004年の今日、12月2日に香港のレパルスベイでウェディングという一大イベントを行ったからです。ウェディングには人それぞれにイメージする理想の式があると思いますが、Cobuの理想とするウェディングは下記の条件を満たすものでした。

1.ガーデンウェディング。
2.アットホーム(本当に仲の良いトモダチだけを招待)。
3.ウェディングドレスはマーメイドドレス+マリアベール。
4.お父さんとバージンロードを歩くこと。
5.フラワーシャワーを浴びること。

ガーデンウェディングということで候補にあがったのが、レパルスベイです。
レパルスベイにある有名な建物といえば、真ん中に“気”を通す穴の開いている、香港の代表的な“風水ビル”ですね。

ここは昔、歴史のあるホテルでしたですが、今はサービスアパートとなり、昔の面影を残すのはレストランのみとなってしまいましたが、ロケーション&雰囲気ともに抜群なのでウェディングやさまざまなパーティに最適の場所です。特にベストシーズンの11月~12月はいつも予約で一杯です。

なんとかCobuたちが予約できたのは、2004年12月2日、平日でした。というのは、11月&12月のすべての週末は案の定予約で一杯だったからです。

ゲスト人数は30名ほど。平日だし、Cobuたちからの旅費、ホテル代サポートは一切ないので、そんなには集まらないだろうと思っていましたが、それでも何名かは会社の有給を取り、海外から自費で来てくれました。レパルスベイのガーデン挙式とランチのみで、気の知れた友人のみの招待なので、本当にアットホームな感じのよい式になりました。

この日は、皆からたくさんの祝福の言葉をいただき、Cobuにとって“人生で一番幸せな日”となりました。式を挙げて本当によかった、と心から思いました。
Bride Changing Room

レパルスベイのサービスアパートの一室。ブライド控室として利用。マーメイドドレスとマリアベールは日本でオーダーメイド。

Venue-Garden Marquee

挙式会場に選んだレパルスベイのGarden Marquee。目の前にはサウスチャイナ海が広がり、雰囲気抜群。

Wedding Album

香港で作成した『ウェディングアルバム』も活躍!好評でした。

Wedding Ceremony-Repulse Bay2

挙式に使用したフラワーはCobuの好きな赤で統一しました。ブーケはアマリリスのクラッチをオーダー。

Virgin Road

父と一緒にバージンロードを歩きました。

Wedding Ceremony-Repulse Bay

ウェディングセレモニー中。

Bouquet Toss

ブーケトス。みなさん真剣です。ちなみにブーケを受け取ったのは
Cobuの妹でした。

Wedding Lunch2

セレモニー後のウェディングランチ。シャンペンで乾杯。

With Brides Maids

ブライドメイドと3人で。

Gift to Guests

ゲストへのプチギフトは『Fruits&Passion』で購入したフラワー&フルーツジャム。ラッピングがとてもお洒落。
スポンサーサイト

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 

    Cobu

    • Author:Cobu
    • イギリスの大学を卒業後、シンガポールで就職→香港に転職。2006年3月香港で男の子を出産し、働くママになりました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。